鉄布衫功(アイアンシャツ)

謝明徳 著 エンタプライズ 

 

古代中国武術、少林寺武術の一系統として知られる技法。「鉄のシャツ(衣)をまとう」ように身体を強化する気功法で、ヒーリング・タオでは現代医学の知も踏まえ、内臓から筋膜、腱、骨を強化する訓練法として体系化している。この運動を行うと、大地や宇宙、またこの世界から生じてくるエネルギーを引き寄せることが可能になり、腱が強化され、筋膜が浄化され活性化されてくる。これによって身体の保護が行われて経絡が開かれるので、さらに多くのエネルギーを吸収できるようになる。

 

呼吸は鉄布衫功において大切です。鉄布衫功は感情、身体、双方の健康を保ち促進させる、非常に素晴らしいシステムです。

内笑瞑想、六字訣、小周天もその中に含まれています。内笑瞑想の実践によってもたらされる変容と、気功によるグラウンディング(大地に根を下ろす感覚で重心を安定させること)とセンタリング(天と地と真っすぐにつながる感覚で中心軸をとること)が相まって、「許し、忘却、解放」の技が身につくでしょう。これはエモーショナル・ボディ(感情体)の成長に必要不可欠なことです。それによって初めて、人は他からの否定的なエネルギーをそらすことができるようになるのです。