タオが教える性奥義 ラブメイキングの全て

マンタク・チャ 著 講談社

 

私たちが高次の瞑想を行う際、女性的/男性的エネルギーは一つとなり、私たちの内なる不死の胎児を生みだします。

タオイストは本来、健康と精神性の悟りに生涯を捧げる古代中国の探求者たちでした。

そのタオイストは、セックスには、自分だけでなくお互いを癒す力があると考え、男女ともにマルチオーガズムのためのプラクティスを探求しています。そのようなタオイストの伝統をユニバーサル・タオシステムでは「ヒーリングラブ(癒しの愛)」と呼んでいます。また、「セックスカンフー」という表現も、合わせて使っていきます。カンフーには「訓練」という意味がありますが、

これらの訓練により、男性、女性の異なるリズムや欲求を理解し、一致させることによって初めて、大きな満足感と、深く親密な性生活を得ることが可能になり、お互いを癒すことができるようになります。