タオの引き寄せの法則

こんにちは!魔タリカ830歳、 2年に一回の日本でのチネイザンコースを無事終えました。今年は日本で初めてのチネイザン2の開催もあって、ユタ先生と私は11泊12日の長丁場となりました。
チネイザンプロジェクトは一つの大きなステップを登り、新しく6名のプラクティショナーが誕生したのでした。
チネイザンの認定までに、最短で1年、最長2年ですが、2年も経った場合はほとんどの人がコースには戻ってきません。
だってね、2年経ったらもう別の人生が始まってますよね。
そんなこともすっかり乗り越えて、今年は2年越しで認定取得に取り組んだ人が3名もいたのは感激でした。

じっくりゆっくり取り組んで学び続ける、それこそがチネイザンプロジェクトの目標でもあり、その場を創り続けるのが私のコミットメントでもあります。
メルマガは前週は挫折して、それはほんと残念ですが、それに勝る喜びで満たされました。

昔々、ユタにお年を尋ねたことがありましたが、あれからもう随分経っているので彼女の年を数えるのはやめましょう。
私が830歳だとしたら彼女はもう1000年くらいは生きてると思われます。
赤毛のユタは本物の魔女です♡
長丁場で一番大変なのはユタなんだと思いますが、彼女はいつでもどんなときでもご機嫌で、笑顔とユーモアを絶やしません。
先を歩いて導いてくれる人が、いつでも私たちの素晴らしい お手本です。

タオでは、特にチネイザンでは、感情を変容させなさい、と言います。
様々な感情の記憶が、今の私たちの体調や現実さえも形作っているからです。

「引き寄せの法則」みたいなものが流行りを超えて、定着しつつある昨今ですが、頭の中だけ取り替えたとしても「今この瞬間」を生きている身体と細胞は、古い記憶を保持しています。
だから、小手先でやり方だけ変えたとしても、現実は何一つ動くことはなく、古いパターンを繰り返すのです。
だってね、私たちって、頭の中だけで生きてるわけじゃなくて、身体ごと、この世界に存在してるんだからね、当たり前なんだけど、「リア充」なんて言葉ができちゃうくらい、現実とネットの中では違う人生を生きている人を山のように見かけます。

そういうのって、見てると伝わってくるよね。なぜだかものすごく気持ち悪いw
うまくいってるように見せれば見せるほど、中身との違いが際立っているのをわかってないのは本人だけ。頭隠して尻隠さずw
どんなにかっこいい理論を振りかざしたところで、虚しいばかりです。

ユタは今度、そのことについて本を書きたいおっしゃっていましたが、多忙すぎるユタのことです。いつになるかわからないけど、それを読む日が待ち遠しいです。今頃はもう次のクラスのために、ルーマニアに到着しているでしょう。

タオは、男らしさ、女らしさを大切にしながらも、人として強くあれ、正しくあれ、優しくあれ、穏やかであれ、と教えます。
正しくあれ、なんていうと、頭だけで生きてる人たちからやいのやいのと言われそうですが、その正しさとは、誰かが決めた規律に従うことではなく、自分の真実に従うことです。
それすらも、世間に毒されながら生きてる私たちには調整が必要です。
何事も、初めからすべてうまくいくわけじゃなくて、七転び八起きしながら、転んだら起き上がって、またやり直す身体とエネルギーのスペースを広げて、強くしていくことを、タオのエクササイズは強力にサポートします。

そして、チネイザンは細胞の記憶を更新していくのに、ものすごく効果があります。
この冬、女神のロードが始まりますが、タオのエクササイズと考え方を柱に据えた女神のグループは、私たちがどれだけ人としての可能性を生きられるのか、を探求します。人として、女として、そして男として。
一生をかけて、感情の変容と目指す場所への道を探すのです。
それが「未完の大器」タオの人の生き方なんだと思います。

Love♡
Tarika

生き方のクセをみる

魔タリカ830歳、まだチェンマイに居座ってますw
タオガーデンから戻ってすぐに、タイの伝統仏教のお寺で瞑想してきました。
伝統仏教って、どんなん?って感じでしょうが、もしかしたら皆さんも、「ヴィパッサナ瞑想」なんて言葉を小耳に挟んだことがあるかもしれません。
ヴィパッサナは、この流派の中にある、一つの瞑想方法です。

このお寺はチェンマイの市街から車で3時間ほどの奥地にあり、ミャンマーで得度されたという尼さん、そしてパーリ語の経典の研究に献身される穏やかな副住職、同じくパーリ語の経典を学んでおられる若いお坊さんの、3名の日本人の方が修行に励んでおられ、私たちも朝4時からの瞑想をご一緒させていただきました。

タイのお寺は、普通の人で、瞑想の修行をしたいという人たちにも門戸を開いています。日本じゃお寺さんにこんな風に縁を繋ぐことはできないですよね。

さて、帰ったらすぐに大阪で5Elements journeyというワークショップがあります。大阪では何度か開催させていただいてるので、出たことあるよーという方もいらっしゃるかもしれません。
これは、宇宙や地球、そして私たち人間を形作る陰陽五行のエネルギー、木・火・土・金・水を実際に内側で体感する、というワークです。

例えば木は肝臓のエネルギーで、どんな過酷な環境にあってもじっと沈黙してそこに立ち続ける「木」は肝臓の仕事と相通じていて、瞑想するときは肝臓の状態にも注意を払うべきなんです。
人によって、その木・火・土・金・水のうちのどこかのエネルギーが弱かったり、強すぎたりして、それはその人の個性や、生き方のクセとなって実際に現れています。

万象学というのを手掛かりにして、調べることもできます。
例えば 1975年8月31日生まれの人を例にしてみましょう。

万象学:1975年8月31日生まれ
守備 : 46  (木、肝臓、嫉妬、親切心)
表現 : 0 (火、心臓、愛、幸せ、傲慢さ、性急さ)
魅力 : 33 (土、膵臓、胃腸、広い心、悩み、心配性)
攻撃 : 50 (金、肺、正直、勇気、悲しみ、鬱)
学習 : 18 (水、腎臓、生殖器、優しさ、恐れ、意志力)

エネルギー指数 : 147

ということになります。この人は火がゼロなので、燃え立つ情熱や熱い愛などの感情に葛藤を感じているかもしれません。
水の気も少ないので、セックスにも淡白です。
木や金の気が多いので、仕事や人を育てることに熱心に取り組み、新しい事業の立ち上げなどが得意だったりするでしょうか。
(ざっくりですが)

この人の場合は火がないので、明らかに人生で火のテーマに取り組むことが必要なのです。ゼロというのは、不思議な数字です。
まさに仏教の経典にもあるような、「空であるけれども、満ちている」ゼロポイントで、ブラックホールのようでもありますが、全ての可能性が内蔵されています。

ワークでは、この弱すぎるポイントや、強すぎて自己免疫疾患のように自分を攻撃してしまう要素に取り組んでいきます。
五行からやってくるアイデアは膨大なので、このワークでは毎回取り組み方を変えたりして、同じ時は一つもありません。

私たちの体も、心も、流れる水と同じで、いっときも同じ時などなく変化しています。
「私はこうだ」とか「あの人はこういう人だ」という決めつけや思い込みは、この変化する宇宙に全くそぐわないので、人生を生き辛くさせてしまうことになります。

私たちはお坊さんのように毎日修行してるわけではないので、瞑想を深めて行くには少しの工夫が必要です。
アクティブな動きを十二分にすると、やっと静かに座って瞑想することができる、とOSHOは言います。
最初から座ろうとしたって、様々な考えが壊れたレコードのように繰り返されるばかりで、うまくいかないですよね。

五行に取り組んでいくと、第6感が整っていきます。
冴え渡る直感は必然のシンクロを生み出します。

ささ、チェンマイから『マンペンライ〜大丈夫、問題ない』のエネルギーをお土産に持って帰ります。
大阪でお目にかかりましょう〜

Love♡
Tarika

五月に忍び寄るもの

こんばんは!魔タリカ802歳、あたらさとの打ち合わせで福島に行ってました。
福島では、あたらさとの種菌が発酵して、ぶくぶくと泡を立て始めましたよ。
みなさんに虹の翼のミライをお届けするミッションも完了して、今後はこの本が私たちの教科書ともいえるほど、読み込むことになりそうです。
福島では、ファンタジーのストーリーが実際にこの世界で現実化されていくようなプロセスがやってくるのかも!なんて希望の光がさしました。
といいつつ、私の日常はまったく非日常で、それを創造するのが私の仕事なんだなぁと、ふと思ったのでした。

では、そんな非日常を支える日常のセルフケアについて!
前に食のこと(外部リンク)を書きましたが、「少しずつ取り入れているよ」と出会う人たちから嬉しいお言葉をいただいてます。読んでくれてありがとう〜!

さて、激しい移動の連続の日々から家に帰ると、最初にこれ!
ひまし油湿布」(外部リンク)に包まれて眠ります。
ひまし油は「キリストの御手」と呼ばれる奇跡のオイル、個人的な好みとしては「仏陀の御手」と言いたいところですがw

ひまし油は肝臓に湿布するのですが、もう15年以上は続けていると思います。
体の最大の解毒器官「肝臓」が元気なら、私たちはいつも元気でハッピーでいられます。肝臓の数値が良くない人も、1ヶ月も続けたら目覚ましい改善が見られます。特にこれから手術や出産など、とにかく体の一大事を控えている人はその前にひまし油湿布をすること、患部に直接塗り込んでおくことを強くお勧めします!その後の経過をとても楽に過ごせると思います。
古傷にだって、もちろんマストアイテムです。

ひまし油はなんでも効きます。
切り傷、打ち身、捻挫、口内炎、骨折、便秘、高血圧….とにかくなんでも!
あと薬箱に必要なのは、絆創膏くらいかな。

ずいぶん前ですが、娘が交通事故で頰の骨を骨折して、手術までの間ひまし油湿布をしていました。結局手術のとき、開いたはいいけど何も処置せずに閉じた、という経過をたどったことがあります。お医者さまは、
「こんなことはないとはいえないが、奇跡ですね〜」とおっしゃっていました。
骨折部分がピタッッと元のところにはまってたんですよ。

肝臓は、アルコールのみならず、日々の毒素、食品添加物、薬剤、いろんな毒を解毒していますが、最大の毒はもちろん「怒り、妬み、嫉妬」です。
タオのエクササイズや、ひまし油湿布は、そんな感情を変容させることができます。
どれもこれも「私には関係ない」と言えるものなんて、残念ですがありません。
肝臓のオーバーワークは、だるさ、無気力、無力感、どっちつかずで騒々しく、余裕がなくてライバル心に満ちた態度などを生み出します。
変容されると、親切心、思慮深さ、頭が切れて創造的なエネルギーに変わります。
実は五月病ってね、物言わぬ肝臓の声で、この時期の過ごし方は体にも、心にも、大きな影響を長期に渡って与えることになります。

長野の「タオ・アルケミストジャーニー ハートの錬金術」(外部リンク)では、こういうややこしい感情や体調を実際に変容させていきます。
人間関係って「ややこしいけど、愛おしい」ですよね。
怒りや嫉妬だって、深く見ていけば「ややこしいけど、愛おしい」に変わっていくんです。
自分自身の幸せのために最善を尽くすこと、立ち上がること、これは少し体力と気力を要しますが、誰かのためじゃなく、自分のためにそのパワーを使っていきたいものですよね。

らぶ♡
Tarika