チネイザン プラクティショナーへの道のり

チネイザンのプラクティショナー認定を正式に受けるには、
本部ユニバーサルヒーリングタオの認定するティーチャーのコースを受講後、
100〜120ケーススタディのレポートを取ります。その後、再度チネイザン1の
コースを受講して、ケーススタディレポートを提出、実技試験を受けた後に初めて
認定されます。その人のペースによりますが、早くておよそ1年、長い人で2年間の
道程となります。認定までの基準はユニバーサル・ヒーリングタオの基準に準じます。

また、ユニバーサルヒーリングタオ(UHT)が提供するプラクティショナー倫理規約に同意し、
遵守していただくことが必須となります。

step1

チネイザン1プラクティショナー認定コースを受講すると、本部ユニバーサルヒーリングタオ
より資格認定に必要となるケーススタディレポート作成のための100セッションを
行ってもよい、という許可証が出て(有効期間は2年間です。)友人や家族など、
周りの人に施術できるようになります。
ユニバーサルヒーリングタオのリンクへ)

現在のところ、チネイザンプロジェクトでは1年ごとに日本とタイで、
交互に開催しています。

〈 2017年 日本開催時の講師 〉
講師は本部のチネイザンブランチリーダーで、世界中のチネイザンプラクティショナーを
教え導くユタ・ケレンバーガーです。彼女の指導は、経験の豊富さ、的確さはもとより、
暖かさに満ちていて、彼女から学びたいと思う多くの人のために毎年 世界中を飛び回っています。

〈2018年 タイ王国開催時の講師 〉
タイでは、チネイザンの本拠地、タオガーデンでの開催となり、チネイザンの
創始者のグランドマスター謝明徳(マンタク・チア)による講義と実技になります。
タオと、チネイザンのオリジナルのスピリットにつながる大切な機会です。
東洋の伝統において、源泉につながることによってしか受け取れないものがあります。
チネイザンプロジェクトは、その源泉をリスペクトして資格を取ろうとする方々を、
正しい脈へつながるようにご案内しています。

Step1(過去に開催されたTao Garden 1weekコース2016)詳細はこちら

step2

ケーススタディについて…..

プロとして正式に仕事をスタートさせるには………

  • チネイザン1のセッションケーススタディ100ケース分のレポート(20名×5回分)
    を取ります。専用の書式を配布しますので、書式に添って作成します。
  • ユニバーサルヒーリングタオ本部の規定により、プラクティショナー認定前の練習生の
    セッションにおいて、施術料金をいただくことは一切できません。
    ただし、練習会場のレンタル費用などが発生する場合はお客様とご相談の上、
    ご負担をお願いすることができます。
  • 5回に満たないクライアントがいる場合は、120ケーススタディレポートの
    提出が必要になります。休日や余暇を上手く使い、ケーススタディを取りましょう。
  • 最終段階では本部の審査を受けるため、それまでに行った中から5ケースのレポートを
    英語に翻訳し、提出する必要があります。
    (必要な方には有料の英語の翻訳サポートをご紹介します。)

ケーススタディ提出までの有効期限は、最初のコース受講から2年間となります。

 

step3

【ユニバーサルヒーリングタオ本部の認定】

2016年8月チネイザンの最高峰、謝明徳老師(マスター・マンタクチア)の指導のもと
タオガーデンでのチネイザン認定コース(1週間)に参加して最終テスト(実技)を受けます。
タオガーデンでのコースはすべて英語で行われますが、タオイストジャパン主催のコースでは
日本語通訳が同行します。

合格すると、ユニバーサルヒーリングタオからプラクティショナーの認定証が出て、
本部ウェブサイトに登録されます。
チネイザンプロジェクトで資格の認定を受けた方々は、タオイストジャパン推薦
プラクティショナーとしてウェブサイトでの広告を行っております。

【タオイストジャパンの推薦】

上記の本部規定をクリアしていること。

  • タオイストジャパンが主催する日本語通訳のついた5日間以上のコースにおいて
    資格を取得したプラクティショナーであること。
  • 資格取得後、少なくとも3年に一回タオイストジャパン主催のチネイザンコースに
    出席していること。
  • 3年に一度、コースに出られない場合は、日本で行われるケーススタディグループに
    5回以上出席すること、または正式な資格を持つプラクティショナーのセッションを
    1年間で10回以上受けているという記録を提出することが必要です。
    詳しくはこちらのタオイストジャパン認定のための提出書類をご参照ください
  • タオイストジャパンの会員であること。

以上のガイドラインをもって、タオイストジャパンが推薦する
プラクティショナーとして、Webサイトに掲載・広告します。

 

step4

インターネットの時代になり、あなたのサロンや活動も、様々な無料コンテンツを使って
宣伝することが可能になりました。
タオイストジャパンではWebサポート(有料ですが、会員のみご利用できます)を活用して、
自分で作るホームページやブログを基礎から作ることをお手伝いすることができます。

また、一般社団法人タオイストジャパンが主催する様々なコースはすべて、タオイストの
いにしえの叡智を学ぶためのエッセンスが凝縮されたワークショップです。
チネイザン・セラピストを仕事としていくために必要な様々な知識やエクササイズが学ぶ
ことができます。ぜひご活用ください。

あなたのユニークな存在を世界に向かって表現してください!

* UHT 認定チネイザンプラクティショナーの認定倫理規約はこちらをご覧ください。
正式な資格を持たない個人によるあらゆる活動は、資格認定の取り消しにつながります。
ご質問はお問い合わせよりお願いしたします。

保存

保存

保存