春は肝臓の季節

今日は、煌々とブルームーンと呼ばれる満月が夜桜の間から輝いていてます。。
てんびん座の満月なんだそうです。

なんだか、今日はとってもむかっとするような感情が訳も分からず、湧き上がってきていました。
春の満月だからかな。。なにがしかのリリース中って事で、月に向かって吠えるんじゃなくて、月に向かってシックスサウンズヒーリングをしている私です。
特に肝臓の音は念入りに。。なぜかというと、、

春は五行説では、木に属し、自然界のすべてのものが伸びやかに成長し新陳代謝が活発になる季節。冬に溜まった老廃物を発散しようと身体は動いていきます。。
この木に関わりのある臓器は肝臓。

自律神経や新陳代謝、気の流れをコントロールして、気持ちを落ち着け内臓の働きをスムーズにするだけでなく、血の量のコントロールもしています。
ところが、ストレスや眼精疲労などがたまると、この肝臓の働きが低下して、消化器官の不調や疲労感、憂鬱やイライラが募ります。
またストレスで呼吸が浅くなり、お腹が冷たかったり、硬くなっていることに気づかないでいるとどんどん気が上昇する季節なので、頭にばかり気が上がり、足元は冷えているのに頭は冷えのぼせのようにぼーっとしてしまいます。
そんな時は、チネイザン、氣内臓法がとてもよく、、冷たく硬くなったお腹を緩めていくと、、呼吸が入り、お腹が温かくなり、気が巡る。
気を巡らせ、お腹を柔らかくし、血を巡らせ、感情を安定し、いらない感情や老廃物を身体から出して、肝臓の働きを促す。

そうすると、ふと気がつけば、人生が楽しい方向に向かっているのに気づくでしょう。
時々、チネイザンの施術の後、まわりの状況が変わった!なんだかうまく廻りはじめました!と報告をしてくださることがあります。。でもね、、偶然ではないのです。。
お腹が温かくて、柔らかいと本当に気が流れ、それは自分の身体だけではなく自分をとりまく世界もまた流れ始めます。
木の季節、若葉が成長するように、花が咲き誇るように、大切な わ た し も咲きほこっていきましょう。。

by 森下スリーラ

Blog: Harmonious Spirit
Facebookページ

土つくりとと一緒だよ!

今日は晴れたと思ったら、急に曇りだし、雪が舞って、また雲が消え、きれいなお月様が顔を出しました(^^♪
もうすぐ満月ですね。

さて、「チネイザン」を簡単に表現すると何だろう?
そんなことを最近ずっと考えていました。

にわか農家の視点からいうと、それは「土つくり」と同じだなぁっと思うのです。

高校も大学も農を専攻し、学んできて、まさか、いまおなかに触れさせていただいている。

これって、なんだ?

実はとっても共通しているんです。

農家さんが、土を耕すように。

今、人の土台であるはら触れさせていただいている。

農家さんが、たい肥入れたり、耕したり、草取りするように。

今、おなかの滞りや流れに働きかけさせていただいている。

師であるマンタク・チア老師も「まずはおなかを耕しなさい。
土と同じだ。
いい実を刈り取る土台をケアしなさい。」
といいます。

そう、農業の基本が土つくりであるように、チネイザンは、人の土台つくりのお手伝いなんだなぁっと思っています。

今日も最後までありがとうございます(o_ _)o))

山梨県 甲府市
五味遥☆はらもみ研究所 
ユニバーサルヒーリングタオ認定チネイザン・プラクティショナー
タイ古式マッサージ・セラピスト
無極功及びタイストレッチ講師

おしゃべりなキドニー・ビーンズ


こんにちは!魔タリカ830歳、今宵の十五夜さんの美しさに酔いしれています。
それにしても、もう10月で今年もすっかり後半なんだってことに、今更気付いてびびっております。ちょっと早すぎやしませんか。

最近NHKの「人体・神秘の巨大ネットワーク」という番組が熱いです。
第1回目の「腎臓」の回を、娘に録画を頼んでやっと見られました。
(私は家電に関してめっちゃアナログです。)

いやぁぁぁ、やっっっっとキマシタね!
時代はもう、チネイザンで、タオですよ。
タオイストは気の遠くなるほどの昔から、人体ネットワークの状態を管理する術を発達させてきて、特に腎臓はネットワークの要となるので、臓器の中で最も大事で、腎臓にエネルギーがなくなると、老化が急速に進んで、死へ向かっていくのだと言います。
反対に、生殖と受胎も、腎臓をケアしなければならない、と言いました。
なぜならば、子宮や卵巣、精巣や前立腺、それらの生殖器は腎臓から派生しているからです。

体の前面から見ると、ちょうどおへその裏側の、ほんの少し上に腎臓があります。
実際の腎臓は背中側に近く、タオではその部分を「命門」と言いますが、文字通り、生命エネルギーの出入りする門なのです。

腰痛なんてのも、タオでは腎臓のトラブルだと考えます。
命門て、ちょうど腰のあたりですよね?
私のワークの中でも「腰痛で動けないので、今日は見ているだけになるとおもいます。」とおっしゃる方は過去にけっこうな数いらしたけれど、ワークが終わる頃には「あれ?腰痛がない!」って方がほとんどです。
ワークが長時間になればなるほど、腰痛は解消します。

番組の中で、水泳の北島康介さんが「腎臓はトレーニングしたことないから」とおっしゃってました。もうぅぅぅ、コーチして差し上げたいw
腎臓を鍛えるなんて、タオイスト以外はやらないし、知らないでしょうねw
たぶん。

心臓は疲れてくると、EPOという物質を腎臓に向かって放ち、「疲れたよ〜」というシグナルを送るそうです。
そうすると腎臓は尿を出して、血圧を調整して心臓を助けるんだって。
心臓の言語は「愛、喜び、幸せ」です。
腎臓の言語は「平安、静けさ、優しさ」です。
心臓は「愛、喜び、幸せ」を腎臓に向けて放ち、腎臓は「平安、静けさ、優しさ」で応えるんですよね。「疲れた〜」っていうのは、人間のマインドの言語で、臓器は宇宙の言語を話しているのだと思いませんか?

今までもタリカワークの中では、腎臓にフォーカスするワークをたくさんやってきました。
これからはもっともっと、増やしていこうとニンマリしています。
まず手始めは、もちろん「あたらさと」で、女神はもう、もちろんですよ。
クローズドグループだけでやっていた腎臓のワークを特出ししようと思います!
臓器の宇宙言語を、一緒に感じてみませんか?

うふふ♡

Love♡
Tarika