おしゃべりなキドニー・ビーンズ


こんにちは!魔タリカ830歳、今宵の十五夜さんの美しさに酔いしれています。
それにしても、もう10月で今年もすっかり後半なんだってことに、今更気付いてびびっております。ちょっと早すぎやしませんか。

最近NHKの「人体・神秘の巨大ネットワーク」という番組が熱いです。
第1回目の「腎臓」の回を、娘に録画を頼んでやっと見られました。
(私は家電に関してめっちゃアナログです。)

いやぁぁぁ、やっっっっとキマシタね!
時代はもう、チネイザンで、タオですよ。
タオイストは気の遠くなるほどの昔から、人体ネットワークの状態を管理する術を発達させてきて、特に腎臓はネットワークの要となるので、臓器の中で最も大事で、腎臓にエネルギーがなくなると、老化が急速に進んで、死へ向かっていくのだと言います。
反対に、生殖と受胎も、腎臓をケアしなければならない、と言いました。
なぜならば、子宮や卵巣、精巣や前立腺、それらの生殖器は腎臓から派生しているからです。

体の前面から見ると、ちょうどおへその裏側の、ほんの少し上に腎臓があります。
実際の腎臓は背中側に近く、タオではその部分を「命門」と言いますが、文字通り、生命エネルギーの出入りする門なのです。

腰痛なんてのも、タオでは腎臓のトラブルだと考えます。
命門て、ちょうど腰のあたりですよね?
私のワークの中でも「腰痛で動けないので、今日は見ているだけになるとおもいます。」とおっしゃる方は過去にけっこうな数いらしたけれど、ワークが終わる頃には「あれ?腰痛がない!」って方がほとんどです。
ワークが長時間になればなるほど、腰痛は解消します。

番組の中で、水泳の北島康介さんが「腎臓はトレーニングしたことないから」とおっしゃってました。もうぅぅぅ、コーチして差し上げたいw
腎臓を鍛えるなんて、タオイスト以外はやらないし、知らないでしょうねw
たぶん。

心臓は疲れてくると、EPOという物質を腎臓に向かって放ち、「疲れたよ〜」というシグナルを送るそうです。
そうすると腎臓は尿を出して、血圧を調整して心臓を助けるんだって。
心臓の言語は「愛、喜び、幸せ」です。
腎臓の言語は「平安、静けさ、優しさ」です。
心臓は「愛、喜び、幸せ」を腎臓に向けて放ち、腎臓は「平安、静けさ、優しさ」で応えるんですよね。「疲れた〜」っていうのは、人間のマインドの言語で、臓器は宇宙の言語を話しているのだと思いませんか?

今までもタリカワークの中では、腎臓にフォーカスするワークをたくさんやってきました。
これからはもっともっと、増やしていこうとニンマリしています。
まず手始めは、もちろん「あたらさと」で、女神はもう、もちろんですよ。
クローズドグループだけでやっていた腎臓のワークを特出ししようと思います!
臓器の宇宙言語を、一緒に感じてみませんか?

うふふ♡

Love♡
Tarika